Ninjya250 ライムグリーンって、ホントに真緑だな

2014.10.28 Tuesday 13:33
0
    JUGEMテーマ:車/バイク

    Ninjya250
    Ninjya250(型落ち)が納車された。
    納車前にETC取り付けとローダウンを実施済みチョキ
    ETCは、少なくとも慣らしの間は必要ないからあまりありがたみが無いけれど、ローダウンはありがたい!
    前のZZR買った時には「足つきがイマイチだよねえ」と言いながら跨いでいたのに何も言ってくれなかったバイク屋の店長さん、今回は(同じく「足つきが・・・」と言っていたら)「ローダウンキットあるからシート高下げれますよ。2センチくらい」とサックリ行ってくれた。
    バイク整備はバイク屋(及びダーリン)任せのワタシはそんなものの存在を知らなかったので目から鱗状態。

    言ってよ!!先に!! って感じ。
    で、初めてローダウン仕様に跨ってみた。
    感動モノだわ、これ。たかが2センチされど2センチ。(いや、シート高の2センチはどう考えても大きいわ)
    それでもまだべったりと足が付く訳ではないあたりが情けないけど、両足の爪先立ち状態がツンツンではないレベルに。(この辺りの微妙さは女性ライダーにしか分からないのかも・・・?)

    そして、納車後の試し乗りとして毎度おなじみ数河高原へ往復80キロ程度のお散歩へ出かけた。

    おお。走りやすいぞ?
    ZZRと何がどう違うって説明はできないけど(所詮リターンライダー)明らかに違うぞ、乗り心地が。
    うん、しいて言えば一番最初に乗ったVTに近い感じ。多分、低速が安定してるんだと思うけど、安心して乗れる(笑)


    てな感じで納車されたのが約1年前。

    前回のZZRは3年経っても走行距離1000キロくらいだったのが、現在、1700キロ。
    明らかにペースが違うのは乗りやすさの違い、かも。(たぶん)
    この間、ダーリンは「乗れば?」という誘いを頑なに拒否。慣らし運転でチンタラ走るのがイヤと言われればそれまでだけど、毎回ワタシが走りに出る時に道案内として125で一緒に走ってくれてるから、やっぱりチンタラ走ってるとは思うんだけど。
     
    category:バイク | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

    ZZR乗り換え計画発動

    2013.09.23 Monday 14:05
    0
       我が家は夫婦揃ってバイク乗りである。
      もっとも私は乗る専で、整備はダーリンまかせではあるけれど。

      そして、数年前(2007年)新車でZZRを購入するも、肝心のメインライダー(私だ)がバイクに殆ど乗らないため、現在の走行距離950km程。・・・って、慣らし終わった程度かい。
      何故にそんなに稼働率が低いか?
      私は持病で腱鞘炎があって、普段からちょっと無理すると痛みが出るんだけど、バイクなんざ乗った日には30分で症状が出始める。
      ゆえに。
      一人で遠出は出来ない。替えのライダーと一緒にバイク+車で出かけないといけない。
      (この際、タンデムという選択肢は全く出て来ない。ダーリン乗せてタンデムはナイでしょ、やっぱり)
      もしくは、30分で往復できる所(あるかい、そんな所)

      ということで、5年以上かかって慣らし中という、ほぼ新品のバイクだが、なにやらダーリンがしょっちゅう整備している。

      「ZZR調子悪いわー」
      「なんで?全然乗ってないのに」
      「んー、最初からベストの状態じゃ無かったみたいなんだけど、そこからベストの状態模索してるけど・・・一向に良くならないんだよね」

      ・・・それって、クレームもんじゃないんですかい?
      私だったら間違いなくバイク屋に持って行って「なんとかして!」って言うけど、ダーリンはなまじ自前で整備出来ちゃうから自分でいじくっちゃうのよね。

      で、そんな「ZZR調子悪いわ」会話を3年ほど続けて(その間、乗りもしないのに劣化のせいでタイヤも交換して!)ダーリンから最終通達が。
      「バイク、買い替えない?」

      前回、ZZRに乗り換えた時、買い替えを提案したのはダーリンではなく私からだった。それが、今回、ついにダーリンからの申し出!!
      三行半を突き付けられたZZR!

      まあ、整備に余計な手間とお金を賭けるなら、他のバイクにその手間とお金を回した方が有意義だと思うし。(ウチにはまだ手間暇かかるバイクが何台も・・・)

      「いいよ、替えよー」(あっさり)


      そしてダーリンがいろいろ候補を出してきて「どれが良い?」と聞いてくるが。
      私の希望は以前と同じ。
      1、ヨーロピアン(最低でもハーフカウル)。2、足がつくこと。3.整備しやすいこと(今回のようにはならないこと)
      だって、カタログ見てもさっぱり分からないし。色も、別に希望はないし(好き嫌いはあるけど)

      そしてこの3連休。ダーリンは初日にZZRをいじくり倒した挙句、白旗を挙げた。
      その足でバイク屋へGO。


      バイク屋で。とりあえず、250に跨る。足つきでVTとNinjyaに絞った。
      そして、値段でNinjyaに決定した(型落ちだったから値引きが大きくて)
      その場で売買契約。
      いっつも思うけど、バイク買うのって、こんなに簡単でいいものなの?車買う時って、ディーラーに何回も足運ぶじゃない?携帯の買い替えだって結構いろいろいじって考えるじゃない?なのに、バイクは3回跨いで決定って・・・。

      まあ、別にいいんですけど。


      で、Ninjya。
      型落ち品、現品限りの一品もの。(というのか?)
      色は・・・カワサキの代名詞、ライムグリーン一色。
      ホントに一色。ツートンでもなく。ラインが入るわけでもなく。
      ここまでべったり一色のグリーン(私はケロケロ色と言ってますが)はなかなか・・・乗るのに度胸要ると思います。(しかもフルカウルだし)
      ダーリンも心配して
      「緑でいいの?」
      と聞いてきた。
      正直、かなーり気後れはしますが。カワサキと言えば(しかもNinjyaと言えば)グリーンでしょ、という刷り込みが私の頭の中にはある。

      私が免許を取ったころ、丁度Ninjyaが衝撃的にこの色でデビューした。なにしろ、私の中でスズキ=ブラック、ホンダ=シロ&レッド、カワサキ=グリーン、というイメージカラーを構成した張本人がNinjyaだったし。
      まあ、いいんでないかい。メットはグリーンじゃないけどな(遠い目)


      ということで。
      本日、ZZRの遺影を撮影しました。今週末、Ninjyaが到着します。
      category:バイク | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

      コロニーな生活☆プラス・・・を始めてみた

      2010.04.03 Saturday 21:28
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般
         2010年の年初めに、携帯メールの広告の【ケータイの位置登録を利用した新感覚携帯コミュニケーションゲーム】という文字に目が止まった。
        無料で、移動距離によって仮想通貨を取得、自分の「コロニー」を好きなように育てるゲームらしい。
        今までもGreeとかMyモードとか、無料ゲームサイトは覗いてみて入る。が、結局どのゲームも
        「ここから先は有料」とか、「○○を手に入れるには××サイトに会員登録」とかがあり、結局まったく無料で楽しもうとするとかなりの制約が出てくるので「なんだかなあ。やっぱり無料ゲームとはいえ、お金かかるのか」とがっかりしていた。

        が、まあ、位置登録という新鮮さに惹かれ、無料ならやってみようかという軽い気持ちで登録してゲームを開始した。

        なになに?水・酸素・食料の生産施設を作れと?1つの生産施設で100人養えます?生産施設の生産量がプラスのうちは人がどんどん住み着いて人口が増えます?

        はっきり言って最初の説明はだいたいこれだけだった。
        訳も分からず生産施設をそれぞれ3個作り、2時間ほど経ってから覗くと・・・人が住んでいる!!
        さらに2時間ほど経ってからまた覗くとさらに人口が増えている!
        「なにこれ?面白いかも」
        そして掲示板なるものに目をやると
        「10ターン後隕石注意」
        なる書き込みが。
        隕石?なんだ?それ。
        ・・・隕石が落ちると土地に穴があくらしい。1キロメートル以上移動して位置登録したら隕石は避けられるらしい。

        なるほど。コミュニケーションゲーム + 育成ゲーム な訳ですね。
        ということで、帰宅して位置登録して隕石は避けれた模様。

        そんな順調な成長も2日もすれば人口増加により生産が追いつかなくなる。生産量が人口を下回ればせっかく住み着いてくれた人々がいなくなってしまうらしい。
        それからは毎時間(1時間に1回生産が行われるのでそれに伴い人口の増減も行われる)形態をチェックする羽目に・・・。
        そして携帯を開いてみると、見ず知らずの人が資源をプレゼントしてくれているし、親切な人は掲示板にいろいろ書き込んでくれている。
        「へえ?いろんな人が見てるんだ。すごいなあ」

        そしてこんな状態(ゲームをほとんど理解していない状態)のまま、2泊3日のスキー旅行に出かけた。


        (つづく)


        コロニーな生活☆プラスはこちら ↓ です。
        http://colopl.jp/s/explainJoin.do?fid=KE-rET8opwpRDxI562OYXnrASpl3vVG&guid=ON
        category:徒然 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

        志賀高原に行こう!〜1日目

        2010.02.28 Sunday 23:46
        0
          JUGEMテーマ:日記・一般
           今年は久しぶりに志賀高原に滑りに行こう!と計画を立てた。
          実は去年も志賀高原に行こうとして予約していたのだが、暖冬のため雪不足で、直前にキャンセルしたと言ういきさつがある。
          去年のリベンジ!と、再度志賀高原にチャレンジ。今年は奥志賀のペンションに2泊予約。

          さて、何事も無く・・・というか今年は大雪のため、一切雪の心配は無かったのだが、問題はインフルエンザ。
          小僧の小学校でも年末、12月頃に新型が大流行して学級閉鎖続出、小僧のクラスも1週間の学級閉鎖。
          そして年が明けて1月の終盤。小僧自身がインフルエンザにかかり、1週間お休み。
          奥志賀は2月最初の週末だったので、かなり危なかったけど、こちらはクリア。

          そして2月5日、出発日。
          朝から雪模様。
          「うーん、天気悪いから今日はゆっくり行って、明日に期待しようか・・・」
          そういいながら車を走らせると、新潟あたりで高速が大雪のため渋滞気味&低速に・・・。
          えー、かなり天気悪い?
          とか言いながら、無事ペンション到着。が、天気がイマイチ(滑れないほどではないけれど、雪が降っているので寒いし・・・)なので今日はやめよう、ということに。

          さーて。明日はどんな天気かな・・・?
          category:徒然 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

          宇宙戦艦ヤマト 復活編

          2010.01.02 Saturday 01:11
          0
            JUGEMテーマ:育児


            JUGEMテーマ:日記・一般


            宇宙戦艦ヤマトの映画が公開された。
            何を隠そう、ヤマト世代ど真ん中(いや、ヤマトって、本来もう少し高い年齢層狙いの番組だったのだけれど我が家では裏番組のハイジなんて誰も見なかったし)の私は「これは行くしかないでしょ?」と、前売りを購入することに決めた。が、そこで問題。

            小僧、7歳。小学1年生。
            ヤマトが今年35周年と言うことは?・・・私がヤマトを見ていたのと似たような年齢。
            だいじょーぶ、理解できるさ。と3人分の前売りを用意。

            そして公開初日。
            友人も合わせて合計6名の大所帯で映画鑑賞。
            映画の内容は・・・とりあえず触れないでおくとして。
            小僧様は2時間を越える映画、しかも如何にアニメとはいえ、お子様用ではないし、今までのヤマト作品だって見たことが無い。大丈夫か・・・?おまえ。途中で騒ぎ出したらどうしよう?ダンナ様に小僧連れて外に出てもらうしかないかなあ?(ここで、自分が小僧を連れて外へ出ると言う選択肢が無いあたり、どうかと・・・)

            しかし予想に反して小僧様は最後までちゃんと見ていた。
            で、終わってから特に「面白かった!」と喜ぶ・・・訳ではなかったが、まあ、それはポケモンの時もそうだったし、あまり気にしないでいた。


            そして主題歌が発売になり、その主題歌をYouTubeで見ていたら。
            ご飯を食べていた小僧が
            「あ、ヤマトの歌」
            と言って寄って来た。
            え?この歌に興味があるんですか?ヤマトに興味があるんですか?
            パソコン画面には主題歌に合わせて復活編の予告編映像が流れていた。
            一通り再生が終わったので閉じようとしたら、
            「もう一回見たい」
            と、リクエスト。
            ・・・ヤマト気に入りましたか?
            母のイタズラ心がムクムクと沸いてきた。
            今の映画の主題歌とか、TVシリーズの主題歌とか、2、3回聞かせてみた。
            すると今度は自分で「うちゅうせんかんヤマト」を検索し始め、YouTubeを探し当てた(おい・・・)
            自分でもいくつかヤマトのストーリーを再生したりした挙句、風呂では「ヤマトの歌教えて」と言い出す始末。

            グッジョブ、かけるさん。もう、どっぷりだね。

            と言う訳で母は車の中でも遠慮なしに今回の映画の歌(この愛を捧げて)を流す。すると、小僧様は
            「ワンモアプリーズ」(めちゃくちゃ日本人的発音)
            と言って繰り返しを要求。
            ・・・お気に召しましたか?
            どうやらこの歌、小僧様のツボにはまったらしい。
            以前、千年ロマンスもめちゃくちゃツボっていたけど、君のストライクゾーンは一体何処?
            高見沢の歌全般が好きかと思えばそうでもないし。良く解らんが、とりあえず、今回の歌はOKということらしいので。遠慮なく。



            ちなみに。
            年末の大掃除中にも小僧様がリクエストするので何回か「この愛を捧げて」と「宇宙戦艦ヤマト2009」を流してやったらダンナさまが一言。
            「あんたら、宇宙やら地球やら救う前におばけえび(学研の科学の付録のプランクトン)救わんでどうする!?」


            ・・・・うーん。ごもっともです。おばけえびは死滅していました・・・。
            category:育児 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

            パソコンがクラッシュ!

            2009.10.26 Monday 01:06
            0
              自宅のパソコンがお亡くなりになった。

              エクセルをセーブしようとしたら、いつまで経ってもセーブできない。が、フリーズしているかといえばそうでもなく、マウスは動くしアプリケーションの切り替えも出来る。

              が、エクセルのセーブは相変わらず出来ない。
              仕方がないのでタスクマネージャーからアプリケーションを終了してみる。…終了できない。

              えー。仕方ないなあ。
              とりあえず起動している他のアプリケーションを終了させる。そして最後にウィンドウズを終了…出来ない。

              これはまずいなあ…と思いながら最後の手段、電源ボタンの長押しで強制終了。
              しばらく待って再度電源ボタンを押して起動する。

              をや。真っ黒い画面にマウスカーソルがひとつ。
              初めてのパターンですな。
              ちなみにマウスカーソル君はマウスの動きに従って忠実に動く。
              …これは一体どういう…?

              見なかったことにしてサクッと電源長押し&電源ONで再起動をかけてみる。

              どきどきどき。

              先ほどと同じく黒地にマウスカーソル。

              アカン。お亡くなりだ…。
              手に負えない(所詮ソフト屋)のでだんな様に丸投げ。

              「パソコンが死んだようなんだけど、どうにかして」
              と言って後を任せてみたら、色々試してくれた挙句
              「ハードディスクでもメモリでもなさそうだし。OSの再インストールだな」
              と言って、再インストールまではやってくれた。

              「じゃ、後はよろしく」

              OS部分以外は残っているのでまあ、助かったと言えば助かったのだけれど(何しろ小僧の写真はこのパソコンの中にしかない。これが無くなると生まれてから今までの写真と言うものが皆無に・・・)困ったと言えば困った。

              メーラー。今までの受信メールが消え去り、メールでしか取っておかなかった情報が無くなった。
              ブラウザ。お気に入り&パスワードマネージャーが消え去り、これまたここにしかなかった情報がパー。
              その他のアプリケーションも、設定情報が無くなっているので大変そう。(まだ未着手)

              教訓。
              ウィンドウズのバックアップはちゃんと取るべし。今までOSの再インストールはしなくてもとりあえず情報だけは取り出せる状態までの故障しかなかったので無防備だったけど。Documents and Settingsの情報は必要なものはこまめに取らないとね。

              …といってもきっと喉元過ぎればなんとやらで、何にもしないんだろうなあ…。
              category:徒然 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

              カーナビの画面が映らなくなったらどうなるか

              2009.09.12 Saturday 23:51
              0
                御盆過ぎに、車のナビ画面が逝ってしまった。
                エンジンをかけると、画面が一瞬明るくなるのだが、既にそこには幾筋も縞が入り、画面は白。と、やがてその白色もどんどん黒に侵食されて行き、5分もしたら真っ黒になるのである。
                まあ、ダメになったのは画面のみで、音は無事だが。
                しかし問題はTV/CD/MDの切り替えがタッチパネルでしか出来ないという事。
                画面切り替えボタンは画面の外にあるのでそこをポチっと押してから気付いた。

                ・・・あ?ボタンが表示されないってことは、何処を触って良いか判らない・・・

                しかし、そこは7年も乗り続けているだけあって、「だいたいこの辺」と言うのはうろ覚えながら頭にあるのでタッチしてみる。

                ピッ

                という音と共に音声が切り替わる。

                おお、画面が死んでるだけで表示プログラムは生きているらしい。
                と、安堵したのもつかの間。
                2日程すると(これもめくら打ちの結果動作するはずの)MDイジェクトが出来なくなった。

                え?うそ?
                画面がお亡くなりになっている今、頼りは音楽のみ。その音楽の交換が出来ないのは流石にイタイんですけど?

                ダンナ様に泣きついてみた。
                「逝っちゃったねえ」
                「どうしよう?」
                「このTVアナログだし。いっそ本体(車)買い換える?」
                ・・・え?世間はエコカー減税花盛りですが、まさかソレ?
                「ナビだけ新しいの買うってのは?」

                ちなみに車は02年製。あと1回車検かなあ?と思っていたところで、その頃には良いカンジで地デジ化が出来ると思っていたのに。

                「車買い替えたらそのナビは(使えないことは無いけど)使わないよ」
                とあっさり言い切られる。
                そういうもの?車には疎くてさっぱり判らないけど。

                てことは。

                1.車ごと買い替え
                2.ナビの修理
                3.ナビの買い替え(&車の買い替えは先延ばし?)

                て選択肢でしょうか?
                まあ、とりあえずディーラーに持っていってみないことにはね。
                と、今日、ディーラーに持っていってみた。

                「とりあえず外してメーカーで修理代の見積もりですね。その間はCDを聞けるぐらいのものを入れておきますが・・・」
                と言う話だったので長期戦か〜とがっかりしながらもソレでお願いしてみた。

                そして、ナビの取り外しが終わり、帰ろうと車に乗って目が点になった。

                ・・・・・コレはCDプレイヤーではないと思う・・・

                そう、そこにはイマドキ見たことが無いような代物が鎮座していた。
                ラジオ&カセットテープ。
                CDじゃなかったのか?ていうか、よくあったな、こんなもの。代車だってカセットって、無いよなあ。

                とひとしきりダンナ様と笑いあったが。
                「ねえ、カセットテープって、ウチに無いよ?」
                「コンビニにあるんじゃない?」
                「・・・あると思う?」
                「あればいいね」

                そして果たしてコンビニにカセットテープは2種類、置いてあった。60分と120分。メーカーなんて、気にしない(選べない)。ありがとう、ローソン!てなカンジで速攻購入。

                四苦八苦して120分テープにダビングを終え(CD->カセットのダビングなんて、何年ぶり?ボタン一発じゃないのね、カセットって)一安心・・・。
                category:徒然 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

                6歳児のデートの知識

                2009.08.22 Saturday 15:07
                0
                  小僧は8月26日生まれ。もうすぐ誕生日である。

                  ある日、姉が「かける、今度の日曜の予定は?」と言うので、
                  「どうして?」と聞くと「んー、プレゼント一緒に買いにいこうかなあと思って」という返事が返ってきた。

                  そうかー、そうだよね、トイ○ラスとか行けばよりどりみどりだし。

                  ということで、小僧に聞いてみた。
                  ストレートに誕生日プレゼント買ってもらいに行く、というのは芸が無いのでちょっとボカしてみた。

                  「かける、今度の日曜にHちゃんが(姉は名前で呼ばせている)『デートしよう』だって」
                  「デートって?」

                  ・・・デートの説明が必要?・・・かもね、6歳なら。

                  「一緒にお出かけすることだよ」(ホントにそんな答えでいいのか!?)

                  「あ、知ってる!デートしたらけっこんするんだよね!!」

                  ・・・何故に、デート=結婚?
                  ちょっとクラっときてくじけていると重ねて小僧が言った。

                  「ねえ、おかあさんとおとうさん、何回デートした?」

                  ・・・聞くか?それを。うーむ。
                  「・・・4年、かな?」
                  「えー!!4年!?何処行った?」
                  「・・・映画とか、・・・ドライブとか?あ、スキーとか」
                  それ以外に思いつかなかった。他にも何かしたと思うけど、ちーとも記憶に無い。
                  「ふーん?ボクねえ、1年デートする!!でねえ、冬になったらスキーする!」
                  ・・・まあ、慎重派のかけるさんとしては、妥当な線なんじゃないでしょうか?1年様子を見ようという姿勢、いいと思いますが。母としては。

                  が。デート=結婚ではないと、わかる日が来るんでしょうか?(すぐに説明しろよ)
                  まあ、その辺はおいといて。

                  そして小僧は『Hちゃんとのデート』の後、彼女と結婚するんでしょうか?
                  ・・・人妻だけど。
                  category:育児 | by:あおいcomments(2)trackbacks(0)

                  アーサーが教える体のふしぎ

                  2009.04.30 Thursday 21:46
                  0
                    アーサー人体アーサー消化器
                    人体模型を組み立てよう!とTVCFで流れたのは2007年2月。
                    「アーサーが教える体のふしぎ」は御馴染みの音楽と共に「創刊号は190円!」と宣伝していた。
                    創刊号のパーツが頭蓋骨だったし、190円と激安だったし、小僧も「あれ欲しい!」と言ったし。ということで、ミーハーな母は創刊号を入手した。
                    頭蓋骨に歯を差し込む。・・・が、すぐはずれそう。ということで、瞬間接着剤の登場。まあ、それはいいんだけど、ここで一抹の不安が。
                    『歯でこの状態なら、他の骨とか臓器とかの時って、もっと外れやすいんじゃないの・・・?』

                    まあ、その辺は出版社を信じよう。
                    とりあえずはしばらく購入してみることにした。

                    そして書店に買いに行くのも面倒だし、5% OFFになるし、生協にしよう。と、生協で定期購読をした。

                    初回が頭蓋骨だったので、毎号どんなパーツが来るんだろう、とワクワクしていたら。骨が1本とか、台座のパーツだけとか。なんだか肩透かし。
                    おまけに案の定、パーツがくっつかない・・・。
                    最悪だったのは肋骨。
                    一応雑誌にも「パーツが組み合わさらない場合はドライヤーなどで暖めてください」と書いてあるけれど、とてもそんなことではくっつきません。
                    内臓も、ポロポロ落ちるわ、頭が重いせいでいつも頭を垂れているし。
                    値段も創刊号こそ190円だったけど、実は高いし。

                    一体何号まであるの・・・?と思いながらしばらく購読していると、「骨格シリーズ、消化器模型シリーズ、筋肉シリーズ」と3つに分かれていることが判明。骨格だけで止めたい所だけれど、消化器模型シリーズもそそられる・・・ということで、消化器模型シリーズまで購読することにした。

                    が、やはり模型の組み立てには相変わらず手を焼く。一旦組み立てたところをしばらく経ってから他の臓器を付けるために一旦取り外すこともしばしばあり、接着剤で固定してしまうことも不可能。
                    どうにもお手上げ状態になり、やがてアーサー君は組み立てられることの無いままパッケージも外さずに積み上げられていった。

                    そして押入れを占拠していた未開封のパッケージの山を見て、小僧が言った。
                    「おかあさん、アーサー君、作らんが?」

                    ちなみに小僧、作りかけのまま放置してある(しかも吊り下げ式の台座のため、首吊りか何かのような上体に見える)アーサー君を見て「アーサー君、コワイ」と言ってベソをかいたこともある。

                    「・・・そうだねえ。放って置く訳にも行かないし。作ろうか・・・」
                    と、乗り気でない母に反比例して
                    「うんラブ
                    と元気に頷く小僧。

                    しかたがない。瞬間接着剤を購入して、溜りまくったパッケージを片っ端から空け、組み立て始める。(実はこの時点で以前組み立てた内臓は内臓は全てバラけてしまっていた)一度組み立てたことがあるのでペースは意外と早い。が、やはり肋骨ははまらず。瞬間接着剤でムリヤリ固定。
                    しかし相変わらずアタマはぐらぐら。正面を向かない。と、思っていたら。何号かで頭蓋骨を固定する補強パーツ(交換部品)が付いてきた。
                    「そうだろう、そうだろう。絶対苦情あったと思うのよね、これは」
                    と力強く頷いたが、どうにもくっつかなかった肋骨の交換部品は付いてこなかった・・・。

                    漸くの思いで骨格シリーズと消化器シリーズを組上げると、小僧は言った。
                    「え?おかあさん、筋肉は?」
                    「筋肉はなし。これでおしまい!」
                    と答えるとブーブー不満を漏らしたが、母は知っている。
                    インターネットでサクっと「アーサーが教える体のふしぎ」で検索したら、出るわ出るわ、パーツに対する不満の声が。しまいには『筋肉に至っては一度取り付けた骨格をバラしてつけなければならないものもあり・・・』という文章を見つけた瞬間に筋肉を買うという選択肢は残されていなかった。

                    そして、2009年2月。ようやく記念撮影に至った。

                    ・・・しかーし。この、すぐに壊れそうな骨格模型と消化器官模型に一体幾らかけたのでしょう?考えたくないわ・・・。
                    category:育児 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

                    ♪ら・ら・ら ランドセルは て・て・て 天使のはね♪

                    2009.01.30 Friday 21:08
                    0
                      ♪ら・ら・らランドセルは て・て・て・天使のはね♪

                      と、昨年秋頃から流れているCMを横目で見つつ、のんびりモノの我が家ではリサーチもしていなかった。
                      が、流石に年明けに小僧に「ボクのお年玉ちょっと使ってもいいからランドセル買おうよ」と言われ、ママ友からは「買ったよ!ランドセルメール」を貰い、ようやく重い腰を上げた。

                      まずは、リサーチ。
                      とりあえずは正当なところで「鞄店」に行ってみた。
                      おお、いっぱいある。いろんな色といろんな素材が。
                      流石、老舗の鞄屋さん、オリジナルです。
                      いろいろ説明していただくと、とってもよさげに聞こえて、つい買ってしまいそうになったけど、ここは思いとどまって。
                      値段は・・・5万円〜6万円が主流。

                      高っ!・・・ていうか、相場ってどんなモノ?



                      そして1月の半ばに、ついに「よし、今日ランドセル買うぞ!」とオヤコ3人で買い物に出た。

                      いいのか?リサーチは鞄屋さん1件だけで?とか、価格帯くらい下調べしないの?とか、自分でツッこんでみましたが、まあ、時間ないし(笑)

                      「で?どこに買いに行く?ファボーレ?」(ショッピングセンター)
                      「うん?確かにファボーレにあるのは知ってるけど・・・。とりあえず、神島(家具屋)とか、K3とか(これも家具屋)見に行こうか」
                      「なんで家具屋?売ってるの?そんなところにランドセル」

                      いや、確か初売りのチラシで学習机とランドセルが一緒に載ってたし。
                      学習机とランドセルなんて、セットのようなものだから扱ってるでしょ。
                      という母の意見に納得したダンナ様はまずK3へ向かった。


                      はたして、ランドセルは・・・ありました。
                      2万〜5万くらいの価格帯。
                      「え?こんなもん?(最初に見たランドセルの値段が値段だけに・・・)」
                      と、ダンナさまは少し肩透かしを食らったようで。
                      でもいまひとつピンとこなかったらしい(ダンナ様が、である。小僧は意見なし。ていうか、担いでもみなかったな)ので却下。

                      ついでに学習机も見てみる。
                      学習机は我が家では「今年は買わない」と決定しているが、まあ、下見ということで。

                      いや、学習机、高いわ。
                      ちなみに母が幼少の頃、学習机は父が教師をしていた関係もあって、事務用スチール机だった。
                      ので、母としてはイマドキの学習机って、なんだかなあ・・・要らないものも多いしなあ・・・と思っていた。
                      そしていろいろ机を見ていたダンナ様も一言。
                      「会社で使うようなオフィス用のでいいんでない?」
                      ・・・そうよね。オフィス用だって、最近じゃ白くてキレイだし。広いし頑丈だし。
                      と、意見が一致し、来年(か再来年)机はオフィス用を購入する事に決定。




                      そして家具屋2軒目、神島。
                      こちらのランドセルも似たり寄ったり。
                      どうもダンナ様は肩ベルトの金具がプラスチックなのが気に入らない模様。
                      ここもサクッと退場。



                      「どうする?黒川(鞄店)行く?」
                      「・・・ファボーレ行くか」

                      と、ファボーレへ向かった。


                      流石、ショッピングセンター、ランドセルは3店で扱っていた。
                      比べる、話を聞く、担がせる。
                      この段階で肩ベルトの金具はどれもプラスチックということが判明し、ダンナさまはすでに”どれでもいい”体勢に入った。
                      価格帯は1万(目玉商品)〜5万。

                      そこで漸く母がまじめに検分し始めた。

                      ・・・って、「天使のはね」と「フィットちゃん」って、何が違うの・・・?
                      不明。でも値段的に「天使の羽」が高いものが多い。
                      そうか・・・。じゃ、「天使の羽」にしよう。あとは素材と重さ?
                      と思って店員さんに聞くと
                      「重さの違いは60g程度ですね。卵1コ分くらいです。」
                      そうか。卵1コか。じゃあ、重さは気にしないでおこう。
                      「素材は××と○○と△△がありまして、男のお子様ならキズがつきにくいこちらの素材がいいんじゃないかと・・・」
                      当然一番高いが、やはり、乱暴なオトコですし。これで行くか。
                      と、母の心は決まった。

                      ここまで小僧の意見はムシ。

                      じゃあ、色は・・・?
                      ということでようやく小僧の出番が来た。
                      黒、ダークグリーン、紺の3色。
                      母イチオシはダークグリーン。なんだけど、小僧はダンナ様に「オトコは黒!」と洗脳されているのであっさり
                      「黒がいい」

                      ・・・。えー。黒?つまんないー。
                      と、3回くらいダークグリーンを勧めてみたが、決心は固かったようで。
                      黒に決定。


                      ちなみに。
                      天使のはねは、「肩紐の付け根に樹脂が埋め込んであって、上に跳ね上がることで紐を上部に湾曲させ、背中へのフィット感をアップしています」
                      フィットちゃんは、「付け根と肩紐の結合部分が左右に動くことで、小さな肩から大きな肩まで柔軟にフィットするように作られています」
                      ということです。
                      category:育児 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

                      Calender
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recommend
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM