宇宙戦艦ヤマト 復活編

2010.01.02 Saturday 01:11
0
    JUGEMテーマ:育児


    JUGEMテーマ:日記・一般


    宇宙戦艦ヤマトの映画が公開された。
    何を隠そう、ヤマト世代ど真ん中(いや、ヤマトって、本来もう少し高い年齢層狙いの番組だったのだけれど我が家では裏番組のハイジなんて誰も見なかったし)の私は「これは行くしかないでしょ?」と、前売りを購入することに決めた。が、そこで問題。

    小僧、7歳。小学1年生。
    ヤマトが今年35周年と言うことは?・・・私がヤマトを見ていたのと似たような年齢。
    だいじょーぶ、理解できるさ。と3人分の前売りを用意。

    そして公開初日。
    友人も合わせて合計6名の大所帯で映画鑑賞。
    映画の内容は・・・とりあえず触れないでおくとして。
    小僧様は2時間を越える映画、しかも如何にアニメとはいえ、お子様用ではないし、今までのヤマト作品だって見たことが無い。大丈夫か・・・?おまえ。途中で騒ぎ出したらどうしよう?ダンナ様に小僧連れて外に出てもらうしかないかなあ?(ここで、自分が小僧を連れて外へ出ると言う選択肢が無いあたり、どうかと・・・)

    しかし予想に反して小僧様は最後までちゃんと見ていた。
    で、終わってから特に「面白かった!」と喜ぶ・・・訳ではなかったが、まあ、それはポケモンの時もそうだったし、あまり気にしないでいた。


    そして主題歌が発売になり、その主題歌をYouTubeで見ていたら。
    ご飯を食べていた小僧が
    「あ、ヤマトの歌」
    と言って寄って来た。
    え?この歌に興味があるんですか?ヤマトに興味があるんですか?
    パソコン画面には主題歌に合わせて復活編の予告編映像が流れていた。
    一通り再生が終わったので閉じようとしたら、
    「もう一回見たい」
    と、リクエスト。
    ・・・ヤマト気に入りましたか?
    母のイタズラ心がムクムクと沸いてきた。
    今の映画の主題歌とか、TVシリーズの主題歌とか、2、3回聞かせてみた。
    すると今度は自分で「うちゅうせんかんヤマト」を検索し始め、YouTubeを探し当てた(おい・・・)
    自分でもいくつかヤマトのストーリーを再生したりした挙句、風呂では「ヤマトの歌教えて」と言い出す始末。

    グッジョブ、かけるさん。もう、どっぷりだね。

    と言う訳で母は車の中でも遠慮なしに今回の映画の歌(この愛を捧げて)を流す。すると、小僧様は
    「ワンモアプリーズ」(めちゃくちゃ日本人的発音)
    と言って繰り返しを要求。
    ・・・お気に召しましたか?
    どうやらこの歌、小僧様のツボにはまったらしい。
    以前、千年ロマンスもめちゃくちゃツボっていたけど、君のストライクゾーンは一体何処?
    高見沢の歌全般が好きかと思えばそうでもないし。良く解らんが、とりあえず、今回の歌はOKということらしいので。遠慮なく。



    ちなみに。
    年末の大掃除中にも小僧様がリクエストするので何回か「この愛を捧げて」と「宇宙戦艦ヤマト2009」を流してやったらダンナさまが一言。
    「あんたら、宇宙やら地球やら救う前におばけえび(学研の科学の付録のプランクトン)救わんでどうする!?」


    ・・・・うーん。ごもっともです。おばけえびは死滅していました・・・。
    category:育児 | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM