Ninjya250 ライムグリーンって、ホントに真緑だな

2014.10.28 Tuesday 13:33
0
    JUGEMテーマ:車/バイク

    Ninjya250
    Ninjya250(型落ち)が納車された。
    納車前にETC取り付けとローダウンを実施済みチョキ
    ETCは、少なくとも慣らしの間は必要ないからあまりありがたみが無いけれど、ローダウンはありがたい!
    前のZZR買った時には「足つきがイマイチだよねえ」と言いながら跨いでいたのに何も言ってくれなかったバイク屋の店長さん、今回は(同じく「足つきが・・・」と言っていたら)「ローダウンキットあるからシート高下げれますよ。2センチくらい」とサックリ行ってくれた。
    バイク整備はバイク屋(及びダーリン)任せのワタシはそんなものの存在を知らなかったので目から鱗状態。

    言ってよ!!先に!! って感じ。
    で、初めてローダウン仕様に跨ってみた。
    感動モノだわ、これ。たかが2センチされど2センチ。(いや、シート高の2センチはどう考えても大きいわ)
    それでもまだべったりと足が付く訳ではないあたりが情けないけど、両足の爪先立ち状態がツンツンではないレベルに。(この辺りの微妙さは女性ライダーにしか分からないのかも・・・?)

    そして、納車後の試し乗りとして毎度おなじみ数河高原へ往復80キロ程度のお散歩へ出かけた。

    おお。走りやすいぞ?
    ZZRと何がどう違うって説明はできないけど(所詮リターンライダー)明らかに違うぞ、乗り心地が。
    うん、しいて言えば一番最初に乗ったVTに近い感じ。多分、低速が安定してるんだと思うけど、安心して乗れる(笑)


    てな感じで納車されたのが約1年前。

    前回のZZRは3年経っても走行距離1000キロくらいだったのが、現在、1700キロ。
    明らかにペースが違うのは乗りやすさの違い、かも。(たぶん)
    この間、ダーリンは「乗れば?」という誘いを頑なに拒否。慣らし運転でチンタラ走るのがイヤと言われればそれまでだけど、毎回ワタシが走りに出る時に道案内として125で一緒に走ってくれてるから、やっぱりチンタラ走ってるとは思うんだけど。
     
    category:バイク | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

    ZZR乗り換え計画発動

    2013.09.23 Monday 14:05
    0
       我が家は夫婦揃ってバイク乗りである。
      もっとも私は乗る専で、整備はダーリンまかせではあるけれど。

      そして、数年前(2007年)新車でZZRを購入するも、肝心のメインライダー(私だ)がバイクに殆ど乗らないため、現在の走行距離950km程。・・・って、慣らし終わった程度かい。
      何故にそんなに稼働率が低いか?
      私は持病で腱鞘炎があって、普段からちょっと無理すると痛みが出るんだけど、バイクなんざ乗った日には30分で症状が出始める。
      ゆえに。
      一人で遠出は出来ない。替えのライダーと一緒にバイク+車で出かけないといけない。
      (この際、タンデムという選択肢は全く出て来ない。ダーリン乗せてタンデムはナイでしょ、やっぱり)
      もしくは、30分で往復できる所(あるかい、そんな所)

      ということで、5年以上かかって慣らし中という、ほぼ新品のバイクだが、なにやらダーリンがしょっちゅう整備している。

      「ZZR調子悪いわー」
      「なんで?全然乗ってないのに」
      「んー、最初からベストの状態じゃ無かったみたいなんだけど、そこからベストの状態模索してるけど・・・一向に良くならないんだよね」

      ・・・それって、クレームもんじゃないんですかい?
      私だったら間違いなくバイク屋に持って行って「なんとかして!」って言うけど、ダーリンはなまじ自前で整備出来ちゃうから自分でいじくっちゃうのよね。

      で、そんな「ZZR調子悪いわ」会話を3年ほど続けて(その間、乗りもしないのに劣化のせいでタイヤも交換して!)ダーリンから最終通達が。
      「バイク、買い替えない?」

      前回、ZZRに乗り換えた時、買い替えを提案したのはダーリンではなく私からだった。それが、今回、ついにダーリンからの申し出!!
      三行半を突き付けられたZZR!

      まあ、整備に余計な手間とお金を賭けるなら、他のバイクにその手間とお金を回した方が有意義だと思うし。(ウチにはまだ手間暇かかるバイクが何台も・・・)

      「いいよ、替えよー」(あっさり)


      そしてダーリンがいろいろ候補を出してきて「どれが良い?」と聞いてくるが。
      私の希望は以前と同じ。
      1、ヨーロピアン(最低でもハーフカウル)。2、足がつくこと。3.整備しやすいこと(今回のようにはならないこと)
      だって、カタログ見てもさっぱり分からないし。色も、別に希望はないし(好き嫌いはあるけど)

      そしてこの3連休。ダーリンは初日にZZRをいじくり倒した挙句、白旗を挙げた。
      その足でバイク屋へGO。


      バイク屋で。とりあえず、250に跨る。足つきでVTとNinjyaに絞った。
      そして、値段でNinjyaに決定した(型落ちだったから値引きが大きくて)
      その場で売買契約。
      いっつも思うけど、バイク買うのって、こんなに簡単でいいものなの?車買う時って、ディーラーに何回も足運ぶじゃない?携帯の買い替えだって結構いろいろいじって考えるじゃない?なのに、バイクは3回跨いで決定って・・・。

      まあ、別にいいんですけど。


      で、Ninjya。
      型落ち品、現品限りの一品もの。(というのか?)
      色は・・・カワサキの代名詞、ライムグリーン一色。
      ホントに一色。ツートンでもなく。ラインが入るわけでもなく。
      ここまでべったり一色のグリーン(私はケロケロ色と言ってますが)はなかなか・・・乗るのに度胸要ると思います。(しかもフルカウルだし)
      ダーリンも心配して
      「緑でいいの?」
      と聞いてきた。
      正直、かなーり気後れはしますが。カワサキと言えば(しかもNinjyaと言えば)グリーンでしょ、という刷り込みが私の頭の中にはある。

      私が免許を取ったころ、丁度Ninjyaが衝撃的にこの色でデビューした。なにしろ、私の中でスズキ=ブラック、ホンダ=シロ&レッド、カワサキ=グリーン、というイメージカラーを構成した張本人がNinjyaだったし。
      まあ、いいんでないかい。メットはグリーンじゃないけどな(遠い目)


      ということで。
      本日、ZZRの遺影を撮影しました。今週末、Ninjyaが到着します。
      category:バイク | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

      我が家のZZRはお姫様

      2007.07.17 Tuesday 02:30
      0
        先週、ZZRに乗った。
        いや、小僧が新聞社主催の「カブトムシをペアでプレゼント」に当選したのでそのカブトムシを貰いに行こうとした時に。
        皆で玄関を出て、車に乗り込もうとしたその時。

        「ねえ、バイク乗りたい」

        ダンナ様の袖をつんつん引っ張って言ってみた。
        だって、天気はいいし、山の方に向かうから信号少ないし。その後実家に用があるので寄る予定があったからお披露目がてら。

        するとダンナ様。
        「乗る?いいよー」
        と言いながら車庫のシャッターをガラガラガラと開ける。
        とりあえずワタシが玄関でバイク用にスニーカーに履き替えている間にバイクは車庫から出てきているわ、メットもグローブも用意されているわの至れり尽くせり。
        「あ、上着も」
        と、Gジャンを持って出ると
        「タンクに傷付くよー」
        の一言。

        う、そうきたか。
        新品のピカピカくんはやっぱり大事に乗ってやらないと。
        ということで、これまた車庫にあったダンナ様の上着を拝借。

        そしてダンナ様の先導の下(だって、行き先よく知らないし・・・)、通常より遥かに遠回り(というか信号の少ない道)を通り、目的地到達。

        帰宅時も、玄関前に乗り捨てれば、車庫に入れて、ついでにメットに付いたムシまで洗ってくださるという至れり尽くせり。



        ・・・・まだバイクに乗り始めたばかりの頃。
        家族でキャンプに行った。
        車+バイクで行ったので荷物は全て車に載せていて楽なものだった。
        で、キャンプ場でテントを張ったりゴハンの準備をしたりしている時にバイクの一団がキャンプ場に到着した。
        確か、4,5台のグループだったと思うけど、その中の1台だけ荷物を何も載せてなかった。他のバイクは『乗りにくそう〜』と思うほどに高く荷物を積んでいるのに、である。
        そして間もなくその理由が判明した。
        その1台は女性だったのである。
        何気に見ているとその女性ライダーとバイクはまるでお姫様のごとく、たいそうな扱いを受けていた。



        てな事を思い出してしまった。
        今の状況は、まさしくソレかも。
        いやー、クセになりそう。
        じゃなくて。
        ダンナ様、ありがとーラブ


        そして我が家のZZR君も。
        あ、赤いから女の子か。
        まるでお姫様のような扱いを受けている。
        車庫(インナーガレージ)だけど、カバーをかけて。カバーかける前にフロント部分に傷が付くと大変だからタオルでガードして。
        ZZR君、キミは幸せだね(笑)
        というか、名前付けようっと。女のコだから・・・うーん・・・


        次回までに考えます・・・。
        category:バイク | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

        ZZR初乗り

        2007.07.07 Saturday 21:16
        0
          ZZR
          FZR+メット遺影
          今日、ZZR250が我が家にやってきた拍手
          お別れするFZR君とメットの遺影を撮影。ダンナ様いわく、
          「コイツ(FZR)も、そんなに痛んでないと思ってたけど、外で見ると結構キズあるなあー」
          そうですか?キレイなもんだと思うけど。とはいえ、乗った回数も両手の指で済むくらいの回数だし、手入れに関しては1回もやっていない私としてはあんまり感慨は無いんだけど。ダンナ様は「部品がもう無いー」とか「部品が高いー」とか言いながらマメマメしく手入れしてたから感慨深いものが・・・あるのかも。

          そして午後2時納車、という約束どおり、2時にZZR君がやってきた。トラックには他にZEPHYRとスクーターが載ってました。
          ZZR君、我が家の玄関前に鎮座。納車に来てくれたお兄さんは義務なんでしょうかね、一通り装備の説明をしてくれました。いや、お兄さん、その辺は流石に知ってますが。とも言えず、二人で説明を聞く。
          納車後、ピカピカのFZRと一緒に記念撮影♪
          ダンナ様は新車は初めてだそうだ。ワタシはその昔、小型免許を取った時にSUZUKIのライトアメリカンGN125を新車で乗ったけど。友人と数河高原に行って坂道で置いていかれたのを機に中免にステップアップしたんですが(笑)

          で、初乗りは近所のガソリンスタンドまでガソリン入れに。
          試し乗りなのでグローブなし、上着なしの軽装で。
          いやー、緊張します。リハビリ中のライダーとしては。新車いきなりコカしたらどうしよう、とか。
          恐る恐る走りました。でも、エンジン音が懐かしい音で嬉しいなあ。FZR君のエンジン音は好きになれなかったしなあ。
          ガソリンスタンドでガソリンを入れている時に、スタンドのお兄さん、マジマジバイクを見る。メーターを覗く。
          「新車ですねー」
          「あ、そうです。さっき届いたばっかりで」
          「Ninjyaですか?」
          Ninjyaって、まだあるのかな?確か免許取った頃にKawasaki=緑(カエル色)のイメージを決定付けたバイクなんですけど。
          「違います」
          「400ですか?」
          そりゃ、確かにタイヤ太いけど。400に見えるのかな?
          「違います」
          家に帰ってだんな様にその話をしてみた。
          「そりゃ、何処にも250とか400とか書いてないからなあ」
          「え?そうだけど・・・ナンバープレート見りゃ分かるじゃん?枠ないし」
          「あ、それ、バイクに乗る人しか知らないから」
          そ、そうなんですか?一般常識かと思ってました。
          ワタシもバイクに詳しくないので400以上か以下かを見分けるのにナンバープレート見てたんですが。ふーん・・・。

          そんなわけであっという間の初乗り体験終了。
          感想は?
          いやー、グローブしないで乗ったのでグリップのブツブツが結構キモチ良かったなー、って、ライディングの感想じゃないですか?
          category:バイク | by:あおいcomments(1)trackbacks(0)

          ZZRオマケ話

          2007.07.02 Monday 21:24
          0
            バイク屋で、小僧、母ばかりがバイクに跨るのを見て怒る。
            「かけるも乗る!!」
            ま、しかたない。小さいやつを探して乗せてみた。
            ウチでも小僧はよくバイクに跨っている。が、母は気付いた。
            「・・・小僧、ナマイキにも3本がけだわ」
            そう。小僧の右手は、ブレーキレバーに指三本、触れるか触れないかの状態でかかっていた。
            ダンナ様は
            「そりゃあ、届かんからだろ」
            とあっさり言い、母もそうかーと納得したが。
            しかしよく考えてみると普通、何にも知らないとグリップを5本指で握るものじゃない?何故に小僧はわざわざ短い指を伸ばしてレバーに指をかけたのだろう・・・。
            見てないようで、見てるんだなあ。

            ちなみに。
            母は2本がけです自転車
            category:バイク | by:あおいcomments(2)trackbacks(0)

            我が家にニューフェイス(ZZR250)がやってくる

            2007.07.02 Monday 02:18
            0
              我が家は夫婦揃ってバイク乗りである。
              といっても、私はしがない中免、ダンナ様は限定解除であるが。
              そして、我が家にはいくつかバイクがあるが、私も乗れるものは1台しかない。
              ・・・そもそも、私は大学時代に免許を取って、その時の愛車がVT250Fだった。その後、VTがあまりに調子悪くなったので廃車にして、ダンナ様が何処からか(笑)手に入れたFZRに時々乗らせて頂いていたのだが。そのFZR君がとんでもなく手のかかるヤツで、こっちを修理したと思って走りに行くと別の場所が壊れる、ということをエンドレスで繰り返していた。
              私はバイク整備はとんと判らないのでダンナ様が一人でちまちま修理していたのだが、あんまりにも『壊れた』と言いながらネットで部品を検索している回数が多いので、聞いてみた。

              「ねえ、そのバイク、いっつも壊れてない?」
              「そんな事ないよ」
              「でも、いつも部品探してるよねえ?同じ所壊れるの?」
              「違う。一箇所直したら別の所が壊れる」
              「それってさあ、修理代めちゃくちゃ高ついてない?いっそ買い換えた方がいいんじゃ?」
              「・・・そうとも言う」

              そういう話を、多分2回か3回はしたと思う。(間隔を置いて)しかし毎回買い替えの話は立ち消えとなっていたのだが、今回、ついに

              「買い換えようか?マジで」

              と言った瞬間に。ダンナ様が嬉々としてバイク探しを始めた。
              モノが私が乗れる唯一の250だったので、当然私も乗れることが前提で。

              「どんなの乗りたい?」
              「オンロード」
              「他に(希望)は?」
              「ヨーロピアン(ハーフカウル希望)」
              「それから?」
              「足の届くヤツ」

              ・・・問題は最後のリクエストだった。私は身長は高くない。ついでに非力だ。何しろ免許を取った時に
              「ライディングは問題ないけど、400は買わない方が良いよ」と教官に言われたのだ。何故?教習所の(クソ重い)CB400を起こせなかったから(笑)
              通常、センタースタンド立てと引き起こしが出来ないと免許を貰えないらしいが、私は小型免許からのステップアップだったことと、女性だったこと(!?)により、大目に見てもらえたらしい。いや、センタースタンドはかろうじて立てれるけど。

              ということで、ダンナ様は「オンロードの、軽くて、足つきのいいヤツ」を探さなくてはならなくなった。
              ついでに、最大の条件、『予算』は、全てコミコミ、出来ればメットも入れて50万。

              そして、今日。候補を絞った上でバイク屋に現物を見に行った。
              どうやら候補をVTR250とZZR250に絞った模様。
              2件ハシゴして、VTRもZZRも跨いでみた。足つきは、どっちも似たようなもので。(つまり、つんつんの爪先立ち。まあ、確かVTの時もそうだったと思うので、それ以上は望んでないけど)
              新車であったのがZZR250の型落ち。ワインレッド?(渋めのメタリックの赤)
              店のオーナーとなにやら話していたダンナ様がちょいちょいと手招きするので行ってみた。
              「これ、去年のモデルなんだけど」
              「うん」
              「今年のモデル買うよりも5〜6万安いんだけど、どうする?」
              「今年のは青と黒なんだよね?」
              「そう」
              「他に違いは?スペックとか・・・」
              するとそこでオーナーさん、きっぱり。
              「ないです」
              ・・・マイナーチェンジとかも無いんかい?カラーリングだけかい??良く分からんなー、バイクの世界は。
              「性能に違いが無いなら別に赤でも良いよ。嫌いな赤じゃないし」
              「いい?コレにする?」
              「いいよ」

              これで決まった。
              値引き・自賠責(5年)・バイク用品2万円分値引きを入れて50万をちょっと出る。メットは・・・いろいろ希望もあったけど、バイク用品2万円分(Kawasakiのカタログから選ぶ)に不足分現金手出しでいくしかあるまい。
              しっかし、Kawasakiのメットって・・・やっぱりグリーンか。(グラフィックモデルのカワサキ限定バージョン)がっくり。

              と言うわけで。納車は次の土曜日に。楽しみラブ

              ちなみにダンナ様は、つい先日までお気に入りのFZRのブログがあってそれを見ていたらしいが、
              「今度はZZRかあ〜」
              とか言いながら嬉々としてお気に入りのブログ探しに入っていた・・・。

              そして、一緒にバイク屋を連れまわされた小僧は。
              「いいなあ、お母さんばっかりバイク乗って。かけるも乗りたかったな」
              と、さんざんぶーたれていたが、マックのハッピーセットのオマケ(×2コ)ですっかり機嫌が直った。・・・お手軽なヤツ。
              category:バイク | by:あおいcomments(0)trackbacks(0)

              Calender
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << October 2019 >>
              Selected entry
              Category
              Archives
              Recent comment
              Recommend
              Link
              Profile
              Search
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM